資料請求ボタン

耐震等級3相当

暮らしやすく丈夫な家をお客様と一緒に作ることをお約束します。

◎あの大地震でも全壊・半壊0棟。高い耐震性を実証。

地震の活動期に入ったとも言われる日本。世界中の地震の約1割が日本で発生しており、1996年から2005年にかけては世界で発生したマグニチュード6以上の地震の約2割が日本で起きています(平成18年版「防災白書」より)。
国の中央防災会議においても、東海地震をはじめとする大地震の 発生確率が高くなっていると警鐘を鳴らしています。いつ、どこで大地震に見舞われても不思議ではない国に私たちは暮らしています。


日本地図画像

近年に発生した大地震◎気象庁ホームページ被害地震資料より

1995年1月17日 阪神・淡路大震災(マグニチュード7.3) 全壊104,906棟・半壊144,274棟


2000年10月6日 鳥取県西部地震(マグニチュード7.3) 全壊435棟・半壊3,101棟
2004年10月23日 新潟県中越地震(マグニチュード6.8) 全壊3,185棟・半壊13,792棟
2005年3月20日 福岡県西方沖地震(マグニチュード7.0) 全壊133棟・半壊244棟
2007年3月25日 能登半島地震(マグニチュード6.9) 全壊638棟・半壊1,563棟
2007年7月16日 新潟県中越沖地震(マグニチュード6.8) 全壊993棟・半壊3,286棟



世界中、誰にでも降りかかる可能性がある地震。だから地震に強い家を選ぶ備えが必要です。

アイフルホームの家は、阪神・淡路大震災、新潟中越地震で、全・半壊ともにゼロ。
アイフルホームは、かけがえのないご家族と財産を、地震からお守りしました。
ともに最大震度7の大地震だった、阪神・淡路大震災と新潟中越地震。私たちが被災地域で施工した住宅について被害状況を調査した結果、全壊・半壊棟数ともにゼロであることを確認できました。大切なご家族を守り、住まいの損傷を最小限に抑えられたのは何よりのこと。そして、私たちがお届けする住まいの耐震性も実証されました。


新潟県中越地震 [最大震度 7 ]
◎建設済み207棟中・全棟 0 棟

阪神・淡路大震災 [最大震度 7 ]
◎建設済み357棟中・全棟 0 棟



地震に強い家。それは耐震性能最高等級<耐震等級3>相当の構造体が実現しました。

アイフルホームでは、プラン決定までに様々なチェックを行います。まず、プランニングチェックリストを使用して、<耐震等級3>に相当する設計を実施。そして、品確法に基づいて耐震性を確認。さらに、トステム(株)が、<耐震等級3>相当の設計かどうか再度チェックします。これらとともに、建築現場での社内検査と国土交通大臣指定の保険法人による検査を経ることで、確かな品質の構造体をお届けすることができます。

大きな安心を提供するための<耐震等級3>相当
耐震等級3とは、日本住宅性能表示基準で数百年に一度発生する地震による力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊等しない耐震基準を表したものです。地震に対して構造躯体がどれだけ倒壊しにくいかを評価し、1~3の区分に等級が分かれます。耐震等級3は最高等級となります。

※保険法人とは、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人を指します。
※耐震等級3は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)における住宅性能表示制度の耐震基準を表す最高等級。
※地域やプランにより、耐震等級3相当とならない場合もあります。その場合は、耐震補償対象外となります。
※掲載のアイフルホームの住宅性能等級は、住宅性能表示制度の基準に基づき当社が独自に設計評価したもので、登録住宅性能評価機関による評価ではありません。また、設計段階で評価したもので、完成度や経年変化を考慮したものではありません。




◎充実した検査体制と、強い構造体だからこそ実現する耐震補償制度

「地震に負けない、安心して生活できる住宅を供給する」。それが、私たちの使命だと考えています。 アイフルホームは、地盤や構造等に対する充実した検査体制、信頼の構造体と劣化軽減対策によって、地震に強い家を実現しました。私たちがつくる家は、大切な住まいを守り、ご家族に真の安心をお届けします。

1
検査体制

適切な調査と検査を実施
『瑕疵(地盤)保証』付


■建てる前に地盤をチェック
せっかく強固な建物を建築しても、地盤に問題があれば家を支えられません。地盤調査および軟弱地盤対策により、適切な基礎工事を行います。

■施工中の現場をチェック
保険法人の建築士等の資格を持った現場検査員が2回の現場検査を行います。

作業スタッフ画像

2
検査体制

規定の耐震性能を備えているか確認
構造チェック(プラン)


アイフルホーム加盟店が、お客様のご要望に応じて設計したプランを、トステム(株)にてチェック。<耐震等級3>相当の構造かチェックを行います。

アイフルホーム本社画像




3
検査体制

着工からお引き渡しまで各工程で検査
アイフルホーム加盟店チェック


■建てる前に地盤をチェック
せっかく強固な建物を建築しても、地盤に問題があれば家を支えられません。地盤調査および軟弱地盤対策により、適切な基礎工事を行います。

■施工中の現場をチェック
保険法人の建築士等の資格を持った現場検査員が2回の現場検査を行います。

施工中画像

4
構造体

耐震等級で最高等級3相当を実現する
地震に強いグランドスクラム構法


グランドスクラム構法は、木造住宅の強さを追求したテクノロジー。プレカット構造用集成材、剛床工法、金物を使った接合技術を融合。適切な基礎仕様とともに、耐震等級3(最高等級)に相当する耐震性能を備えています。 (注)地域やプランにより、耐震等級3相当とならない場合もあります。その場合は、耐震補償対象外となります。

剛床工法…1・2階床に梁と床面を固定し一体化させた「剛床工法」採用
基礎仕様…立ち上がり幅を150mmに設定し、鉄筋の防錆に配慮
…プレカット構造用集成材…高強度、経年変化が少ない集成材を予め加工
テクノスター金物…接合部(継手・仕口)を強固に接合

工法紹介画像




5
耐久仕様

アイフルホームだから出来る
湿気・熱による劣化を防ぐ耐久仕様


湿気は木造住宅の大敵。特に、壁体内結露はシロアリや腐朽菌の温床となります。そこで、外壁・床下・屋根のすべてから換気できる構造を採用。建物全体で呼吸して、長持ちする家を実現します。

外壁換気工法…外壁材や断熱材で覆われた壁内の通気をスムーズにする、外壁換気工法を採用しました。壁体内に湿気が発生した場合は自然に室外に排出し、壁体内の結露を抑えます。
全周床下換気工法…床下には、土台と基礎のコンクリートの間に床下換気部材を設置。そのすき間を利用して換気を行うことで空気の滞留を防止し、床下全体を空気がスムーズに流れます。
屋根まわり換気口…屋根頂部に設けた棟換気口で、屋根裏に発生した湿気と熱気を排出。そして、軒裏の換気口では壁内に発生した湿気を排出し、室外の空気を取り込んで換気します。
シロアリ対策…シロアリの被害は、地震による家屋の倒壊にも大きな影響を及ぼします。継続して中断することなく白蟻防蟻保証が付保されていることが必要となります。

換気イメージ画像



◎耐震補償付き住宅は、地震で全壊した場合に備え費用の一部を負担します。

耐震補償付き住宅は、地震の揺れを起因として全壊した場合、一定の条件のもとで建替えを実施するものに、建替え費用の一部をアイフルホーム加盟店が負担します(金銭のお支払いはいたしません)。
阪神・淡路大震災および新潟中越地震と同程度の地震の揺れ(計測震度6.6未満)を原因として全壊した場合の建物が対象となります。
半壊や一部壊、増築または改築をした場合、および地震の揺れ以外の全壊など耐震補償免責事項がございます。

※耐震補償付き住宅の付与及び保証の履行にあたっては、一部条件及び補償免責事項がございますので詳しくはホームページおよび営業担当者にお尋ねください。

10年間は最大補償限度額の2,000万円まで負担。アイフルホームならではの耐震補償です。

グラフ画像※建物本体価格には、各種申請費用や建物等の撤去廃棄費用、造成費用、地盤調査費用、地盤改良工事費用、カーテン照明、エアコン費用などは含まれません。